三菱 天井埋込エアコン 4方向吹出 クリーニング (スポーツジム)

こちらは10年ほど前の製品になってきますが4方のパネルが自動昇降になっておりブレーカーを落とす前に降下させておかなければなりません。

当時は画期的だったのでしょう。。。

4方パネルを降下させ、通常通り外部カバーを外していきます。

外部カバーを外したら基盤を触っていきます。

外しに支障があるコネクターを外していき、連結されていそうなコネクターを外したら基盤を下ろします。

三菱はこの基盤が大きく、基盤と鉄板がごっそり外れます。

基盤を外したら次はドレンパンを外します。ドレンパンを外す前は必ずバケツを用意し、ドレンの蓋を開け中に溜まった水を抜きましょう。

この作業を怠るとドレンパンを外した際に中に溜まった水をあたり一面にぶちまけることになってしまいます。

ドレンパンを外したら最後は送風ファンを外します。

ごくまれに古い機種は軸のナットが固着してしまって外せないものがあります。その場合はお客様に説明のうえ、ファンごと養生し洗浄します。(当然本望ではありません。。。)

送風ファンまで外し終わったら養生をしていきます。

水のかかってはいけない部分がないかよく確認しながら養生していきます。

養生ができたら専用ホッパーで受け、バケツに流れるようにし洗浄開始です。

こちらの現場は10年以上クリーニングしていなかったとのことで洗浄剤を20L以上使用いたしました( ;∀;)

シンサイサービスのエアコンクリーニングはこちら