地鎮祭・竣工式・祝賀会など各種式典やイベント設営、用品レンタルを行う有限会社神祭(しんさい)サービスです。創業30年以上で延べ19000件の実績。愛知県、岐阜県、三重県を中心に全国対応!

地鎮祭・起工式 式の流れ(式次第)

地鎮祭・起工式 式の流れ(式次第)

下の様な式次第にのっとって進められます。
一つ一つを見ると難しそうに見えますが、概略をつかんで見ればそれぞれの儀の意味が分かるはずです。

1.手水の儀
「てみずのぎ」と呼び、式場に入る時に身を清める意です。
※手水の儀は祭事責任者の指示に従って、次の順番で行うのがよいでしょう。
  1)建築主関係者
  2)近隣関係者
  3)設計関係者
  4)工事施工者関係者
  5)神職(最後に行います)
2.修祓の儀
「しゅばつのぎ」と呼び、穢れを払って清浄になる儀式です。
3.降神の儀
「こうしんのぎ」と呼び、祭壇に神様をお招きする儀式です。
4.献饌の儀
「けんせんのぎ」とよびます。おいでになった神様にお供えをする儀式です。
5.祝詞奏上
「のりとそうじょう」と呼び、神前に工事の安全を願って祝詞を奏上します。
6.清祓いの儀
「きよはらいのぎ」と呼びます。あるいは、「四方祓い(しほうはらい」」とも言います。
建築する土地を祓い清め、工事関係者などに災いが生じないよう祈願するものです。
7.地鎮の儀
「じちんのぎ」あるいは「とこしずめのぎ」とよび、施主及施工者が初めてその土地に手をつける意味であり、敷地の永遠の安定と工事の無事安全を祈願します。
1.刈初の儀(「かりぞめのぎ」と呼びます。)
 鎌を使っての儀式でまず敷地の雑草を刈り取り意味を持っています。
2.穿初の儀(「うがちぞめのぎ」と呼びます)
 1)鍬を使って、土を掘り起こし起工の一歩を印す意味を持っています。
 2)鋤を使って、1)で掘り起こした土地を綺麗にならす意味を持っています。
3.鎮物埋納の儀(「しずめものまいのうのぎ」とよびます。)
 神職の用意された鎮め物を敷地に埋め、安全を祈念します。
8.玉串奉奠
「たまぐしほうてん」と呼び、玉串は工事の無事安全を祈って、その心を神に捧げるものです。
9.撤饌の儀
「てっせん」と呼び、祭壇から供物を下げる儀式ですが、外祭などでは実際に下げるのではなく、4.の献饌の儀の時に取ったお神酒・水器の蓋を元に戻す所作を行うものです。
10.昇神の儀
「しょうしんのぎ」と呼び、祭壇から神がお帰りになる儀式のことです。
11.神酒拝戴
「しんしゅはいたい」と呼び、お神酒をいただきます。供え物のお神酒や神饌をいただくという意味で「直会(なおらい)の儀」とも言います。
※地鎮祭の終了後、別で直会を予定している場合は、司会者や責任者がこれを参列者に告げます。
個人の住宅などではその場で行うこともあります。しかし、ゼネコンなどではそのときの天候や季節、気温、式後の祭壇等の撤収などの考慮から、場所を変えて行います。
直会では、建築主、来賓、設計者、工事施工者の順で挨拶を行います。その後、「勧盃」を行います。

鎮め物は?

地鎮祭で神職が納めた「鎮め物」は、適当な時期に地中に納めます。神棚の位置が決まっていれば、その下の地面に納めるとよいでしょう。

地鎮祭・起工式が終わったら

地鎮祭の後、周りの住民の方に、手土産品として1,000〜3,000円程度の菓子折りを持ってご挨拶に回るのがよいでしょう。地鎮祭前に行っておくのもよいでしょう。

地鎮祭・起工式 3つのプランはこちら

PAGETOP