地鎮祭・竣工式・祝賀会など各種式典やイベント設営、用品レンタルを行う有限会社神祭(しんさい)サービスです。創業30年以上で延べ19000件の実績。愛知県、岐阜県、三重県を中心に全国対応!

地鎮祭・起工式とは

地鎮祭・起工式とは

土木・建築などの起工に先だち、その土地の神を祭り、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式。一般的には、神式が多く安全祈願祭、起工式と呼ばれることもあります。
地鎮祭と一言で言っても、「個人住宅の地鎮祭」のような小規模な地鎮祭、「高層マンション・公共工事の地鎮祭」のような大規模な地鎮祭などのように様々な地鎮祭があります。

地鎮祭・起工式の必要性を挙げると

工事関係者にとっては安心して工事を行うための必須の行事です。
施主様にとっては、その土地でこれから数十年住んでいくため、土地の神に挨拶をする大切な行事です。

地鎮祭は三大祭典の1つ

地鎮祭は、建築の三大祭典の1つに数えられます。三大祭式は他に、上棟式・竣工式があります。祭典とは、祭り事なのでめでたい行事として捉えられています。
三大祭典の中でも、地鎮祭は最も大切であると考えられており、現在では省略されることの多い上棟式や竣工式に比べて、多くの家作りや建築現場で行われています。工事をしてくれる職人さんたちのこと、家が完成してからの生活のことなどを考えても、不安な気持ちを残さないために、地鎮祭は是非とも行うことが望ましいと言えるでしょう。

祭神について

もともとはその土地の氏神様を祀っている神社が地鎮祭をしていましたが、近年では氏神、産土神、鎮守の神が同一視されるようになってきており、最も近い場所にある神社に依頼することが多くなってきています。

それでは地鎮祭以外の式典も含め、祭式の種類と祭神についてみていきましょう。
建物の種類・工事の内容・またその神職の信念により異なりますが次に一般的な例をあげてみます。

(右)祭式の種類
(下)祭神
地鎮祭 安全祈願祭 起工式 立柱式 上棟式 定礎式 竣工式
大地主神
産土大神
手置帆負命
彦狭知命
屋船久久能知命
屋船豊受姫命
・大地主神(おおとこぬしかみ)

土地を守護する神のことを言います。

・産土大神(うぶすなのかみ)

土地の氏神様で鎮守神と考えられています。

・手置帆負命(ておきほおいのみこと)、彦狭知命(ひこさしりのみこと)

ともに工匠の守護神である。
天照大神(あまてらすおおかみ)が、天の岩屋に隠れてしまわれたときにこのニ神が瑞殿(みずのみあらか)という御殿を造営したといわれています。
手置帆負命(ておきほおいのみこと)は雨から身を守る笠をつくる神、彦狭知命(ひこさ しりのみこと)は盾をつくる神。

・屋船久久能知命(やふねくくぬちのみこと)、屋船豊受姫命(やふねとようけひめのみこと)

ともに家屋の守護神・家屋を護り幸いをもたらす神
屋船久久能知命(やふねくくぬちのみこと)は木の神すなわち家屋の木材の神です。
屋船豊受姫命(やふねとようけひめのみこと)は家屋の屋根を葺く稲藁の神です。

このように八百万の神々と言われるように、実に多くの神々が信じられています。そして神ごとに専門分野が異なりその道のスペシャリストがいると信じられています。
このことから建物の種類や、工事の内容を神職に詳しく説明することによりそれに応じた神々をヒモロギ(御幣)に招いて祭式行うわけであります。

地鎮祭の歴史

歴史的に見ても地鎮祭の歴史は深く、飛鳥時代690年:持統天皇期の日本書記にはその記述があり、遠い昔から行われている歴史のある行事です。
地鎮祭は単に神事だけでなく、仏教でもそれに該当する儀式が行われていたと考えられています。実際に東大寺金堂や興福寺金堂などからも、地鎮祭の際に土地の神様に捧げて埋める「鎮物」(しずめもの)が出土しているからです。
そして地鎮祭が実際に建築儀礼として認められ広く普及していったのは、江戸時代後半になってからだと考えられています。

地鎮祭にかかる費用

地鎮祭に必要な費用は大きく分けて次のものがあります。

神主さんへの支払い

神職に支払うお礼。地鎮祭の謝礼の事を初穂料・玉串料としてお渡しします。
初穂料の目安としては、神饌物を含み2~5万円くらいが相場でしょう。
神職が自分の車などで来ている場合、白封筒に「お車代」として、5千円~1万円くらいを包んだものをお渡しします。
弊社では、初穂料20,000円・神饌物5,000円にて手配させていただいております。
領収書の発行、設営費と合わせて請求などご要望にお応え致します。

祭壇その他準備費用

一般の方の場合では、祭壇その他の準備は施工業者に一任することが多いようです。
弊社では、ライトプラン・スタンダードプランのセット価格、フリープラン(別途見積もり)、テント1つから設営・リース致します。

近隣挨拶時にお渡しする物品、参列者の方への引出物

近隣の方へは工事着工のご挨拶として菓子折・タオルなどの実用的なものをお渡しすると好まれるようです。
大規模な地鎮祭では地鎮祭に参列された方へ引出物をご用意するとよいでしょう。

地鎮祭を行う際に準備しなければいけないもの

施主様

初穂料(神主様へのお礼)

主に祝儀袋を用います。蝶結びの赤白のお祝い熨斗袋に入れて、表書きの上段は、「御初穂料」または「御初穂料」「御玉串料」「御神饌料」「御礼」記載します。下段は個人の場合は施主の氏名、法人の場合は施主の社名を記載します。
金額の相場は2〜5万円です。
あらかじめ金額が決められている神社もありますので予約の際に神社に「地鎮祭の祈祷の初穂料の金額」として確認をすると良いでしょう。

のし袋の基礎知識

1.表書き
2.水引は、祝い事の種類で「蝶結び」「結び切り」を使い分けます。
3.姓名は、結び目の下に表書きより、やや小さい文字で。お返しの場合は姓のみ。
4.のしを付けます。
5.内包みと上包みの向きが合うように入れ、上包みを上、下の順で折り返し包みます。
6.内包みの表に金額を書き、裏に住所・氏名を書きます。

お金の入れ方

紙幣の表(肖像のある面)を内包みの表に向けて入れる。
また、肖像を上にするのが一般的。
紙幣は、新札が望ましいとされ、複数枚の場合は、同じ向きに揃えます。

なぜ蝶結びなのか?

蝶結びは何度も繰り返して良いお祝い、お礼に用いるため。

主に神社又は施工業者様

祭壇・三方・神具一式、お供え物(施主様の場合もあり)、竹(笹竹)・注連縄・榊類(ヒモロギ・祓い幣・玉串)

祭壇・三方・神具一式にも飾りかたには決まりがあり、お供えものにも並べかたがあります。
供え方に関しては神主様または設営業者などにお任せすればよいかと思います。
その日に持ってこられたお供え物の種類や数、三方の数によっても並べ方は様々なのです。
ここでは代表的な三方6の配置に対してご紹介いたします。

お供え物の種類に関して

ご紹介する順がお供え物の上位順になりますので参考していただくとよいでしょう。お供え物を並べる準備をする際も上位のものから準備をしていくのがルールになります。

・お米(洗米)一合 約150g

地鎮祭を行う神社によって、お供えするお米の量に違いがあります。お供えするお米の量に厳密な決まりはないのですが、施工業者または神社にあらかじめ確認してください。

・お酒(奉献酒) 一升

酒屋に「地鎮祭用」と説明して蝶結びのお祝い熨斗(祝儀用ののし紙)をつけてもらいます。熨斗の表書きの上段は「奉献」下段は、施主(または施工者)。
お酒は施主様・施工会社他参列の皆様で用意します。

・鏡餅

ほとんど用意することは少ないですが、公共工事など大きな式典では準備する場合があります。 餅の下段を三方に乗る程度の20センチ程度で餅屋へ依頼するとよいでしょう。

・海の幸

めでたい鯛が代表的ですが、それに代わる魚でも可(魚ならなんでもOK。尾頭付きを用意します)と、昆布またはワカメなどの乾物を用意します。魚の頭を祭壇中心方向へ向け、お腹をヒモロギの方へ向けるのが絶対です!

・乾物

するめ・昆布・寒天など

・野の幸

地面の上にできるもの(トマト、なす、胡瓜など)と、地面の下にできるもの(人参、大根、いも類など) の両方をお供えできるように用意します。

・山の幸

果物 パイナップル、グレープフルーツ、りんご、オレンジなど季節のものを用意します。

・塩

一合 180ml

・水

一合 180ml

・竹4または5本・注連縄

竹4または5本は青竹、笹竹を4本用意します。これは、注連縄(しめなわ)を張り巡らす時に四方の支柱として用います。その範囲は注連縄を張ることで、周囲と区切り、神聖な場所をつくるという意味合いになりますので基本的には祭壇を囲めていればOKです。しかし、神社・施主様または施工会社の考えにより敷地いっぱいに張る場合もあるため協議する必要があります。

注連縄の張り方

祭壇は北側設置南向き・西側設置東向きに配置します。南向きに配置した場合、北東から始め南→西→北→東へと順に縄をしつらえます。東向きに配置した場合、北西から始め東→南→西→北の順に縄をしつらえるようにします。
注連縄に用いる縄は普通の荒縄で構いません。縄を張った後は半紙または奉書紙で作った紙垂(しで)をつけます。紙垂をつける数は4:4:4:4や3:5:3:5であったり地方や神社の考えにより多少異なる場合があるため事前に確認するとよいでしょう。

・榊類(ヒモロギ・祓い幣・玉串)

榊類に関してはお施主様で手配しなければならいケースは極めて少ないかと思います。神社又は施工業者の手配する設営業者が準備することがほとんどですが、念のため神社にお伺いするのもよいでしょう。

・盛砂

バケツ2~3杯ほど(適宜)を使用し、上記図(竹・注連縄の解説図)のように祭壇の左手前もしくは右手前へ円錐形に盛土します。(右手か左手かは地域により異なりますので神社へ確認が必要になります)
盛土の上部には工事を開始する敷地の草もしくはススキ・笹など差ておきます。

・鋤・鍬・鎌

鋤(すき)や鍬(くわ)を入れる穿初(うがちぞめ)、刈初(かりぞめ)という儀式に使います。もともとは、白木で作ったものを使用しようします。

・その他

工事の規模や施主の希望により、紅白幕や、テントや椅子などを設営して行う場合もあります。

地鎮祭の服装

基本的には「平服」「正装」になります。しかし、個人宅の場合はそこまで服装にこだわりません。ですが、神様にお祈りする神聖な儀式という意味では節度ある服装を選ぶ方が良いでしょう。

公共工事や大規模工事の地鎮祭の場合

建築業者関係者から土地の所有者、はたまた市長なども参加するような地鎮祭もあります。こういった数十人参加するような大規模の地鎮祭では、服装に気をつけるべきでしょう。

工事業者様の場合

工事業者の場合、スーツが望ましいのですが、作業着で出席することも多いようです。制服は正装として認められています。

個人住宅の地鎮祭の場合

個人住宅の場合では、施主はそこまで服装を気にする必要はありません。

地鎮祭の日取り

地鎮祭は慣例的には吉日を選んで行なわれることが多いようです。
地鎮祭の吉日とされるのは、大安、先勝(または友引)の日です。
儀式は、暦を見て大安または先勝(または友引)の日を選び、午前中に行います。手配や準備は施工会社に依頼するのが一般的です。
出席するのは、施主、施工会社、工事関係者、神職です。

仏式の地鎮祭

日本では地鎮祭は神道・神式で行われる場合が大半ですが、まれに仏式で行うこともあります。仏式といいましても神仏習合(しんぶつしゅうごう)という言葉があり、神祇信仰(神道)と仏教信仰(日本の仏教)が混淆し一つの信仰体系として再構成(習合)された宗教現象があり、明治維新に伴う神仏判然令以前の日本は、1000年以上「神仏習合」の時代が続いておりました。要するに古い昔には考え方は一緒であったというわけです。

儀式の流れは(それぞれの呼び名が異なりますが)、神式とあまり変わりません。神道の玉串奉奠や拍手の代わりに焼香および拍掌となります。
仏式の場合には、地鎮法、地祭り、地堅めの法などと呼ばれ、宗派により異なる本尊(例えば、地の神や地天など)を拝し、土地を清めたり鎮霊などを行います。

キリスト教の地鎮祭

神式・仏式で執り行われる地鎮祭・起工式がほとんどではありますが、お施主様がキリスト教信者であればキリスト教で式を行う場合がございます。
キリスト教の場合、地鎮祭ではなく起工式・定礎式という形で儀式を行います。
そしてその意味合いも少し変わり、賛美歌を歌って神をほめたたえ、聖書を朗読し、工事の安全が守られ、施主様はじめ、工事に携わる方々が祝福されるように祈るというものになるようです。
式の流れは次の上げるパターンが多いようです。

1.賛美歌
2.聖書朗読
3.式辞
4.祈祷
5.賛美歌
6.祝祷

所要時間は地鎮祭などと同じく30分程度になります。
神道式で用いられるような祭壇・お供え物はなく、鍬入れ(地鎮の儀)など行うかはケースバイケースで人生の土台という意味で聖書を埋める場合もあります。
式を執り行うのはそのキリスト教信者の方が通っている教会の牧師に司式を依頼するケースがほとんどかと思われます。

実際の準備や式の進め方は、牧師や教会によって異なることもありますので、司式をされる牧師に何でもお尋ねになられることをお勧めします。たいていの牧師はそうした点について、丁寧に答えてくださるでしょう。

地鎮祭・起工式3つのプランはこちら

 

¥55,000(税別)
必要な物が最低限全てそろいます。テントサイズ変更で人数追加可能です。

 

 

¥78,000(税別)
中規模クラスならこちらが最適です。テントサイズ変更で人数追加可能です。

 

 

¥90,000~(税別)
中規模以上で細かくオプションを選択して行いたい場合はこちら!

 

施工例

PAGETOP