新しい施設や建物をお祝いするおめでたいお祝いだからこそ、マナーを尽くして、失礼のないようにお祝いしたいものです。

まずは竣工式・落成式に招待された際の参列者は?

竣工式落成式、どちらの式典も、格式の高い行事です。

そのため、会社で招待された場合は、原則として代表者が参列します。

もし、代表者が参列できない場合は、先方に代理で参加する旨を連絡し、了承を取ってから参列しましょう。

竣工式・落成式に参加する際の服装は?

<男性>

主催者(招待する側)の服装は原則として略礼服以上でおもてなしをします。

来賓者(招待された側)は平服でかまいませんが、カジュアルにならないよう気をつけましょう。

※略礼服とは。。。礼服は大きく分けると正礼服・準礼服・略礼服の3つに分類されております。
正礼服・・・格調高い結婚式や盛大な記念式典などで、自身が主役またはそれに匹敵する場合に着用します。
男性は昼の場合はモーニングコート、夜の場合は燕尾服が正礼服にあたります。
準礼服・・・一般的な結婚式または祝賀会の参列者が身に着ける礼服が準礼服です。
男性はタキシード、ディレクターズスーツ、ファンシースーツなどが準礼服にあたります。
略礼服・・・冠婚葬祭でよく見かけるブラックスーツのことを指します。基本的には略式の礼服とされていますが、今の風潮としては礼服といえば略礼服となっています。

仮に「平服でお越しください」という文章があった場合は、略礼服を身につけるのがマナーです。

ネクタイの色は何色がいいのか?

来賓として招待された場合や、関係者の中でも建築主、設計事務所の代表者などは略礼服以上の服装がおすすめという事で、ネクタイは白となります。しかし、代表者以外で招待されたよう場合では、ワインカラーや淡い紫、最近はパステルカラーなどもお勧めの色です。細かいドット柄やシルバーに斜めラインの入ったネクタイもいいでしょう。お祝いの席なので、暗い色は避けましょう。

<女性>

竣工式に参加する女性になると特に悩むもので主催者側か来賓者側かでも変わってきます。

主催者側の場合・・・

竣工式や落成式は華やかではありますが、あくまでも主催者側でお客様をお迎えする立場でもあるので、あまり華美にしてしまうと会社のイメージダウンにもなりかねません。

社風が固い感じですと、フォーマルスーツやビジネススーツがいいでしょう。
ビジネススーツでも女性はインナーをフリルブラウスやパステルカラーにすると、暗くならず控えめながら華やかな印象にもなります。
同色同生地のワンピーススーツも大丈夫ですが、色は紺かグレーが好印象。
また、作業服のある会社は作業服で統一するケースもあります。
また、アパレル関係や外資系の会社の式典の場合、お洒落さも大切なので過度な露出は避けワンピースなど女性らしい服装で楽しみましょう。

来賓者側の場合・・・

フォーマルな正装はおすすめできない服装になります。“上品さ”と“さり気ない華やかさ“を感じる清楚な服装が好ましいでしょう。
準正装にすることが正しい選択になります。着物も素適ですが、準備なども大変です。具体的には、華のあるフェミニンなワンピースがオススメです。ワンピースであれば、あなたらしさも加えられるデザインやカラーも豊富にあるのでおすすめです。華やかな色を意識すると、より完璧になります。男性と異なる女性の場合には、ネックレスなどのアクセサリー・バッグにも注意が必要です。できれば上品なパールのネックレスがおすすめでフォーマルシーンのマナー面から見ても大きいバッグはクロークに預け、会場内へは小さめのパーティーバッグを用意するようにしましょう。何よりも相手側の会社をしっかりと把握して社風に合った服装を選びましょう。

もしも竣工式の受付をすることになったら?

お仕事の付き合い上などで竣工式の受付を行うという場面も出てきます。会社に恥をかかせることがないように、どのような服装で行けばいいのか、よく理解しておくことが必要です。

派手なファッションはNGです。竣工式の受付はあくまでも招待する側という立場になるので、間違っても来賓の方よりも派手になってはいけません。派手じゃなければいいといわれても、カットソーやセーターなどの平服でも失礼です。竣工式の受付でおすすめの服装といえるのは、無地のブラウス、タイトスカート、ストッキングは柄なしで、できれば肌色に近いものがいいでしょう。靴は高すぎない5㎝くらいのヒールで黒のパンプスのようなものになってくるでしょう。迷った時には地味な色のスーツで行くのもおすすめです。

竣工式・落成式の準備・手配に困ったらこちら☜シンサイサービスまで